トランスパーソナル と アントロポゾフィー (1)

目次

1 はじめに

1.1 本稿での考え方

主に心理的側面よりアプローチする方法を採用するが、他の主義・主張を否定するものではない.
特に、アイデンティティ・アプローチによる考え方、生物学的自然主義による考え方とルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィーを基本に研究を進めているが、ここでは心理的側面に着目し、
「感情」や「経験」がどのようなものなのかについて関連する事柄を含めてメモとしてまとめる.

具体的には「経験」・「感覚」・「情動」・「意識」というものが、「アイデンティティ」や「パーソナリティ」にどのような影響を与えているのかを心理的側面より簡単に述べるに留める.
以下、「経験」と言う語を使っている場合には身体的経験と感情的経験の両者を含むものを指す.
 

アイデンティティ理論は、感情体験などの精神状態を神経系の状態にまで引き下げます。
感情経験のタイプ - タイプアイデンティティ理論(例えば、基本的な感情理論)は、あらゆる種類の感情経験(例えば、怒りの経験)に対して、ただ1つのタイプの神経生理学的状態があるという仮定に基づいている。
感情経験のトークン - トークンアイデンティティ理論(例えば、 James 1890、1894)は、独特の感情によって特徴付けられる感情のあらゆる実例は、独特の身体的状態と同一であると主張する
(例えば、異なる怒りの経験は異なる神経生理学的状態によって具体化される) 。
特定の脳領域における活動の増加として感情を指すといういくつかの神経科学論文における現在の傾向は、感情についてのアイデンティティの仮定に依存している。

リサフェルドマンバレット

ルドルフ・シュタイナーは、私たちの生活すべてにアントロポゾフィーという考え方を取り入れており、アントロポゾフィー医学にならって私は「アントロポゾフィー心理学」と勝手に名付けた。
「アントロポゾフィー心理学」の考え方は、既存の人間性心理学・精神分析・行動主義を補完し、神学・仏教・東洋医学・霊学をはじめ必要な領域を補完・統合すること目指した私が独自に 
考えたものである。 

2 概要

身体的経験と感情的経験がアイデンティティやパーソナリティに及ぼす影響を考察していく上において、「感情」がどのようなプロセスの下に心身に影響しているかを知るには、
心理あるいは精神面に於ける「経験」・「感覚」・「情動」・「自我」に関する影響および神経生物学的側面から「感情」のプロセスを考察していかねばならない.

2.1 主な主義・主張

以下に代表的なアプローチを示す.

2.1.1 唯物論

「感情」のこれまでの伝統的な理論として唯物論がある. 1

2.1.2 行動主義モデル

行動的側面より感情は起きるという仮説.

2.1.3 アイデンティティ・アプローチ

  • 身体の状態としての感情の経験を再定義する( James 1890 )
  • 基本的な感情モデルのように、脳回路、神経化学システムにおける活動、いわゆる影響プログラム、または行動計画として再定義される( Buck 1999 ; Ekman 1972、1992) ; Izard 1977、1993 ; Oatley&Johnson-Laird 1987 ; Panksepp 1998 ; Plutchik 1980 )
  • 身体と脳の何らかの組み合わせ( Damasio 1994、1999)

2.1.4 生物学的自然主義

心理学の主題は人間の心であり、人間の行動は心の存在と特徴の証拠ですが、それ自体が心ではありません」( Searle 2004 、pp。52–53).
生物学的自然主義は、伝統的な唯物論の考え方に反対する哲学的枠組みであり( Searle 1992、2000、2004 )、そのようにして感情経験の科学的研究のための3つの新しい教義を提供します.

2.2 基本的な事柄

2.2.1 経験

人はこの世に生まれた瞬間から「経験」を通して人生を歩んでいく.
一口に「経験」と言ってもそれは、大きく分けると二つの「経験」に分類される.
一つめは、身体的経験と呼ばれる「経験」、二つ目は「感情的経験」と呼ばれるものである.
多くの場合、一つの経験に対して人は何らかの感情を持つ.特に経験が未知である場合は、経験した事柄よりも感情が強くなるのではないかと思う.

2.2.2 感覚

さらに、「経験」を体験するために必要なのが「感覚」と呼ばれるものである. 以前にこちらの記事 で詳しく説明している.
これらの「感覚」は人により同一条件化でも異なる感覚を示すことがある.

感覚名称 概要
生命感覚 生体のすべてが規則正しく秩序が乱れていないときには感じることができない感覚であり、生体の何かが規則正しく機能していない、あるいは秩序が乱れているときに感じられる感覚である
自己運動感覚 自己運動感覚とは、手足を動かすときに感じ取れる感覚のことを言う。
均衡感覚・平衡感覚 上下・左右などの方向の区別。
臭覚 外界の物体(素材)が臭いを出さなければ臭うことはない。この感覚が嗅覚である。
味覚 物体(素材)を口に入れ、舌で物体(素材)を知覚する。この時に物体(素材)は、どんな素材であるか、どんな影響が生じるかを告げる。
視覚 視覚は物体(素材)の形状・色を知ることができる。
熱感覚 体(素材)のもつ内面の熱さ・冷たさを知ることができる。
聴覚 物体(素材)が響きを発する(振動)ことによってその事物がどのように振動しているかを聴覚により知覚することができる。
言語感覚 人と意思の疎通を図るときに見いだせる感覚。
概念感覚 通常の人間生活において最高の感覚とされる
霊視感覚 眉間に二葉の蓮華と呼ばれる器官が、最初の霊的な感覚器官として作られる。
霊聴感覚 咽頭部には非常に複雑な感覚、十六弁の蓮華である霊聴感覚が形成される。
霊的合一感覚 心臓部には霊的合一感覚と呼べるような感覚が十二弁の蓮華となって形成される。

2.2.3 情動

「情動」とは・・・.

個体および種族維持のための生得的な要求が脅かされる、あるいは充たされた時の「感情体験」およびそれに伴う行動などの「身体反応」と定義される(堀、1991).

「感情」というものを敢えて言うなら、情動が瞬間的、短時間で終結するような「感情体験」であるのに対して、「感情」は、時間的に持続する「感情体験」ということができる.

2.2.4 自我

心の中身は主に「意識」と「無意識」から構成され、「意識」と「無意識」の境界上に「自我」の領域があることが知られている.

そして、「私はこうあるべき」とか、「〜しなければならない」という理想や良心を司っているのが「超自我」と言われているものである.

「エス」は無意識の代表であり、「無意識」には以下の情報が蓄積されていると言われている.

  • 抑圧されていたもの
  • 祖先の時代から抑圧され受け継がれたものが
  • 貯留している領域

2.2.5 アイデンティティ

アイディンティティとは、心理学用語では「自己同一性」と言って、自分が自分であるという感覚や認識をもつことである.

自分は何者なのか?
この問いは簡単なようで奥が深い.
この「アイディンティティ」と病気には密接な関係があることが知られている.
「アイディンティティ」を持たない人は、精神的に弱い傾向がある.

詳しく述べると、
「アイディンティティの混乱」から生じる「自我同一性拡散」は、神経症や精神病を発症すると言われている.

さて、「自我」はライフサイクルとも密接に関係しており、発達課題を獲得しないまま成長すると自我は成長できず、アイディンティティの獲得に支障が生じることが知られている.

精神分析学の中では、「心のエネルギー」を量的観点から「強い」とか「弱い」という見方をする(ただし、エネルギーの総量は一定).
以下に主な「心のエネルギー」の状態を示します。

  • エスが強すぎる・・・衝動的・感情的・幼児的な行動と性格
  • 超自我が強すぎる・・良心的・自己懲罰的・抑圧的・理想主義・完全欲的な性格
  • 自我が強い・・・・・理想的・合理的・現実主義的な性格

2.2.6 自我同一性拡散

「自我同一性拡散」は、

  • 自分が何者なのか?
  • 自分が何をしたらよいのか?
  • 自分が解らない

という3つの要素を持っている.

そして、アイディンティティと 発達障害も関連があることも知られている.

2.2.7 ライフサイクル論

人間が生まれてから死ぬまでの間を研究する「ライフサイクル論」というのがある.
有名なのは、エリク・H・エリクソンが提唱した人の成長に応じた発達課題である.
だいたい以下のような 獲得しなければいけない課題 がある.

  • 乳児期:「与えられるものとして私」.課題は基本的信頼感
  • 幼児期:「意思するものとしての私」.課題は自己抑制と自由の選択
  • 遊戯期:「自分はこうである」.課題は自発性
  • 学童期:「学習するものとしての私」.課題は勤勉性の獲得
  • 青年期:「これこそが私」.課題は自我同一性の獲得
  • 成人期:「愛とアイディンティティの共有」.課題は親密性の獲得
  • 壮年期:「後進の育成や世話役としての私」.課題は共同体への関与と停滞からの脱出
  • 老年期:「これが私」.自我の統合・英知の獲得

これらの人生の課題を獲得できないまますごしていくと、神経症や発達障害、解離性障害などの疾患に罹ることが知られている.

例えば、母乳を与えないで育てた子供の多くは、発達障害に罹るリスクが増加することが知られている.
これは、母親との信頼感を経験するのに必要な行動を経験しなかったことによるためである.

また、1歳くらいになると、「噛む」ことを覚えますが、これも自分の意思の現れと母親との信頼感の獲得に必要な行為なのである.

さらに歳を重ねて「老年期」を迎えると、これまでに経験してきたことを基本に自我を統合し、英知を獲得することが最大の目標となる.人生の総まとめである.

英知の獲得とは反対に「絶望」に気付くのもこの年代の特徴である.

本稿では、上述したことを前提として、身体的経験と感情的経験の二つが人の人生にどのような影響を与えているのかを以下に簡単に述べたいと思う.

3 パーソナリティ

3.1 定義

人の性質や長所・短所を表したり傾向を表すものとして、精神分析学や臨床心理学では、以下のように定義されている.

中島義明,(2014), 『心理学辞典』. によると、それぞれの意味は以下のように書かれている.

  • 「性格」

個人を特徴付ける持続的で一環した行動様式のこと.

  • 「パーソナリティ」

人の広い意味での行動(振る舞い・言語・思考・認知・判断・感情)に時間的・空間的一貫性を与えているもの.

  • 「人格」

→「パーソナリティ」と同じ.

  • 「気質」

個人の示す情動反応の特徴。

参考:中島義明, (2014). 『心理学辞典』.

3.2 パーソナリティ検査とパーソナリティ障害

3.2.1 パーソナリティ検査

  • 「人格検査法」とは・・・.

種々の目的に応じて個人の気質、性格、情緒性、社会的適応性、欲求、葛藤、態度、興味、適性、道徳性などを測定・診断する検査法の総称。
いずれにしても、性格やパーソナリティは、「自我」に関係していることが解る.

3.2.2 パーソナリティ障害

パーソナリティ障害を大きく分けると以下のように分類される. ただし、分類は厳密ではなくその境界にあるものも含まれまれたり、複数該当したりする場合もある.

  • 反社会性
  • 自己愛性
  • シゾイド
  • パラノイド
  • 抑うつ性
  • マゾヒスティック
  • 強迫性
  • ヒステリー性
  • 解離性

3.3 心の癖

自分が経験してきた事柄や感情が自分自身の心にどのような作用や影響を与えているか?
身体的経験や感情的経験を繰り返す中で、それは良くも悪くも心身に何らかの影響を及ぼしているかもしれない.
ここでは、経験に基づいた習慣・規則(ルール)・信念が意識と共に無意識に与える影響として「心の癖」について述べる.

3.3.1 信念

人は誰でも何らかの「信念」を持って生きている.
そして、その信念は経験から生じている. 

詳しくは、こちら を参照.

3.3.1.1 中核信念

人は幼少期のかなり早い段階で、自分自身について、他者について、そして自分をとりまく世界について、一定の信念をもつようになる.
中でも最も重要な中核信念(コアビリーフ)は、あまりにも深く基底的な層にある持続的信念であるため、ほとんどの人は、自分自身の中核信念を
明確化することはない.中核信念は、その人にとっては完全なる真実としてみなされるため、ただ単に「その通りである」としか言いようがない.  

ジュディス・S・ベック. (2015). 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版 -ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト‐. 星和書店.

3.3.1.2 媒介信念

中核信念は、中間層の信念の形成に影響を与える.それを媒介信念と呼ぶが、媒介信念は、構え、ルール、思い込みから構成される.

ジュディス・S・ベック. (2015). 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版 -ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト‐. 星和書店.

3.3.2 自動思考

「自動思考」とは、人が無意識のうちに反応(思考)した結果を行動に結びつけるものであり、具体的に言うと、人は誰でも以下のようなものを持っている.

  • ルール(規則)
  • 理想
  • 親の躾
  • 自分の信念
  • 信条

特に、「ルール(規則)」は、「自分は○○だからこうあるべき」、「自分はXXだから△△しなければならない」などの「ルール(規則)」を誰もが持っている.それは、意識で考えるものではなく、無意識に「ルール(規則)」が発動されているのである.

3.3.2.1 自動思考と行動の関係

中核信念

媒介信念(構え・ルール・思い込み)

状況

自動思考

反応

背景にある信念は、ある具体的な状況におけるその人の状況認知に影響を与え、その状況に特異的な自動思考として表現される.
そして今度はその自動思考が、その人の感情、行動、身体反応に影響を及ぼす.

ジュディス・S・ベック. (2015). 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版 -ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト‐. 星和書店.

4 感情とは何か?

4.1 感情

4.1.1 「感情」の一般論

これまでに以下の分野について、それぞれ「感情」または「情動」について調べてみた.

4.1.2 「感情」を記述することはできるか

あくまでも心理学的な立場からの考え方を示すものであるが、「感情を記述することは可能か?」と言う問いに対して以下に述べる.

4.1.2.1 「感情」の発生

「感情」と一口に言っても「感情」が湧き出てくるまでに幾つかの種類があると思う.
例えば、以下に示すようなもの.

  • 1)自動思考の様に何も意識せずに瞬間的に生じる感情
  • 2)ある出来事を経験して暫く時間が経過してから生じる感情
  • 3)ある出来事を経験して再び類似の経験をした際に生じる感情

上記1)については自動思考のように中核信念・媒介信念が介在し、その人が持っている「感情」を自動的に生じさせるような働きがある.
具体的には、怒りの内容や出来事は人それぞれ異なる.さらに言えば、国・性別・宗教などの違いにより怒りの度合いも異なる.

上記2)については経験した事柄を思考した結果「湧き上がる感情」であり瞬間的な感情とは異なる.

上記3)については「トラウマ的感情」と言える.

意識的に感情を経験していると言うことは、その人が感情の精神的表現を持っていると言うことです.
過去の感情(記憶)、仮想的な感情(想像)、または瞬間に起こっている感情(オンライン経験).感情の精神的表現の内容を測定する最も直接的な方法は、自己申告の形で、人々自身の精神状態に関する人々の言語的行動を調べることです(例えば、物語やLikert型尺度を用いた感情語の単純な評価).
特定の言葉の使用はそれらが参照する特定の精神状態の内容を直接明らかにしない、しかし自己報告は一種のコミュニケーション行為であり、そしてコミュニケーション行為はリスナーによって推論されることができる人の内部状態についての情報を運ぶ( Wilson&Sperber 2003 )、聞き手が友人、セラピスト、科学者のいずれであっても。 自己報告はなぜ人々が自分のしていることを経験するのかを説明するのには役に立たない(すなわち自己報告は因果関係のプロセスを明らかにしない; Nisbett&Wilson 1977 、 Wilson&Dunn 2004 )が有用であり、実際に不可欠である。

4.1.2.2 基本的な「感情」

「感情」の研究に於いて、その研究そのものを難しくさせている要因の一つに「感情」そのものが人によって異なることや「感情」を評価する際に「基本感情」となる物差しが無いことが挙げられる. これは、人がどのような状態の時にどのような感情を現すかを明確に示すことが出来ないとも言える.

また臨床心理学的には、人の意識、無意識に於ける経験、習慣、言動、行動からその人の問題となっている心理状態やパーソナリティを分析し、改善へと結び付けていく ものであり、その記述した結果は、「感情の経験」を意味するものであると思うのである. 「感情のプロセス」、つまり、脳や身体の働き、反応にによって「感情をどのように感じた」かを知ることこそが、「感情の経験」を どのように引き起こされたのかが説明できるのではないか.

4.1.2.3 記述できる「感情」

クライアントに「経験した感情」を質問した場合のクライアントからのその回答は「意識した感情」であり無意識に於ける感情とは異なるものである.
つまり、「意識した感情」はクライアントの中にも記憶として残っており記述することは容易である.

一方、「無意識に於ける感情」は、「感情の経験」がどのように引き起こされているのか?あるいは、「その経験を通して何を感じたのか?」、「その経験によって感じた原因は何か?」を知ることが「経験」を具体的に説明した「感情」というものになるのではないかと思う.

5 関連記事

6 ホームページについて

このホームページは、うつ病の精神治療法を研究するための私自身のためのサイトです。私自身が覚えることが苦手、且つ、忘れっぽい性分なので備忘録として主に以下の内容のものを扱っています。どこにいてもこのホームページを閲覧することができるようにという目的でこのホームページを作りました。  
 
ホームページの作成には、Emacs 25.1.1 を使い org-mode により HTML を生成しました。Emacs を使った理由として、Mac , Windows , FreeBSD などOSを問わずに編集出来ること、また、日頃の文書作成も Emacs を使っているため慣れ親しんだツールを使うことが何よりも使い易いためでもあります。このホームページは、大学、大学院で学んだ事柄を中心に私自身が日々の研究のために忘れないようにするための私自身の備忘録、或いは雑記帳の様なものですので、記載されている事柄について十分な確認や検証をしたものではありません。
 
 

  • 患者様のための情報提供サイトではありません。
  • 医師、看護師、その他の医療従事者のための情報提供サイトではありません。
  • 研究者、大学教職員、大学院生、学生のための情報提供サイトではありません。

 
 
したがいまして、このサイトは私のためのネットノートなので、読みにくかったり誤りもあるかもしれません。
その際はご指摘いただけると嬉しく思います。
このホームページに掲載している図表、画像、文章に関しての転載、複写は自由ですが、いかなる結果が生じても責任を負えませんことを予めご承知おきください.
 
 
なかなか、まとめが進んでおらずリンクが機能していないページがあったり、書きかけのページがあったりします. 日々、アップデートしております.

[2017-03-06 月] org-mode のバージョンが 8.3.6 から 9.0.5 へバージョンアップしました. 
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
Valid XHTML 1.0 Strict


脚注:

1
精神や心理的要因による結果は身体機能によって引き起こされるものあり、脳や身体に於ける物理的な現象として原因と結果を導くことができると仮定している.

著者: Satoshi Takemoto Satoshi Takemoto

Created: 2019-05-22 水 19:27

Emacs 25.1.1 (Org mode 9.0.5)

Validate