トランスパーソナル と アントロポゾフィー (7)

目次

1 はじめに

 

今回は、上記のメモを踏まえつつ霊について臨床心理学的視点によりもう少し踏み込んでみたい.

2 概要

「霊」という言葉からは幽霊、霊体、霊媒、霊魂などの言葉をイメージし、なにやら「見えない世界」の何か恐ろしいものとして捉えてしまうが、「スピリチュアル」や「ソウル」というと若干和らいだようなイメージを持つが意味としては変らない.言葉の意味については既にトランスパーソナル と アントロポゾフィー (4)の記事に書いた.ここでは、「心霊治療」の実態についてメモしておきたい.  

3 心霊治療(spiritual healing)とは

はじめに「心霊治療」 (spiritual healing) とは何かを明らかにしておきたい. 「心霊治療」とは霊的な力により病状を改善すること であると定義しておく.
さらに「霊的な力」とは超自然的な力を指すが、具体的には以下の項目を示す(参考:「スピリチュアル」と「アントロポゾフィー」).

  • 人間の成り立ちの根底にあるもの
  • 個性を超えた特徴をもつもの
  • 霊的・霊性に関する現象や体験
  • 生死を越えた高次元の「意識」や「魂」とは異なるもの

これら4つの条件を満たすものが超自然的な力であり「霊的な力」であると定義しておく.
すなわち、上記4つの条件をすべて満たした「霊的な力」によって行われる治療のことである.

ちなみに、ハリーエドワーズは「霊的治療」の定義を次のように述べている.

私は霊的治療を、人間でもないものによってもたらされる治療を指すことばであると定義します.
(中略)
さて、まず、私たちが霊的治療において、その治癒と施療の源泉と考えているものが何であるかを明確にしておきましょう.すべての霊的治療は神的なもので、神から発している、と私は考えています.霊的治療は、人間が本来霊的な存在であることを示し、また、まがまがしい病気が克服できる道を示すという神の計画の一部に沿うものなのです.

4 心霊治療を開始する条件

「心霊治療」が霊的な力により病状を改善することであるとするならば、「心霊治療」を開始するための手順や手続きなどある一定の条件があるはずである.
その開始条件は次のようなものであると考える.

  • 術者と非術者の間でのコミュニケーション
  • 非術者の想念力を引き出す
  • 術者からの想念の放射

これらの3つの開始条件は「心霊治療」に限った話しではなく、治療の開始には必ず共通する条件がある.例えば、治療を依頼するための祈り、あるいは言葉が必要な訳であり、祈りにしても言葉にしても治療開始のための想念が必要となり、さらに、術者がこれから治療を始めるために有意的に「治療を開始する」という想念の放射が必要になるのである.

5 心霊治療の法則

「心霊治療」における法則とは凡そ次のようなものである.

  • 自然の法則に基づいていること
  • 霊的な法則や物理的な法則の組み合わせであること
  • 意図と方向性に基づいた計画的な行為であること
  • 細胞の法則に従うこと

5.1 自然の法則

自然界におけるあらゆる動植物は自然の力を利用して生きているように、心霊治療においても自然の力に逆らった結果は生じない. 例えば、指を切断してしまった場合に指が元通りになることはないように心霊治療でも自然の法則に従うのである.

5.2 霊的な法則

心霊治療(スピリチュアル・ヒーリング)が他のヒーリングと異なる点は、術者が治療を行うのではなくスピリット・ドクター(霊医集団)により治療が行われることである.霊医集団とはそれぞれ専門の霊医がグループを構成し治療を行う.術者はスピリット・ドクター(霊医集団)のスピリット・エネルギーを非術者へ伝える媒体であり、術者が治療を行っている訳ではないのである.
 

  • 術者により放射された想念をスピリット・ドクターが訴えを受け取ること
  • スピリット・ドクター(霊医集団)による治療が開始されること 
  • スピリット・エネルギーによる治療を行うこと
  • 術者は霊媒となりスピリットエネルギーを伝えること
  • 術者が治療しているわけではないこと
  • 改善しようとする病気に制限はないこと

5.3 細胞の法則

スピリット・ドクター(霊医集団)に於ける治療の中で最も大切なのは細胞集団が調和することである.スピリット・ドクター(霊医集団)へ想念を放出するのと同じように治療前に非術者の細胞集団へ術者は想念を放出するのである.そして、スピリット・ドクター(霊医集団)が治療を行っている際に非術者のこころの状態にしたがって細胞集団は変化していくのである.

  • 細胞集団は術者から放出された想念を受け取り、スピリット・ドクター(霊医集団)の治療に従うこと
  • 細胞集団は自らの使命と役割を果たし調和すること
  • 細胞集団は非術者の意識に従うこと

5.4 治療計画の法則

  • スピリット・ドクター(霊医集団)の治療計画に従うこと
  • 非術者が自らのカルマを取り除く努力をすること

6 想念の放射と言霊

次に術者から想念を放射する際の具体的な行動について大雑把にメモしておく.

6.1 祈り

非術者と対面する前に祈りを行う.この祈りは自然・宇宙への感謝の祈りである.
 

6.2 瞑想

非術者と対面する前に瞑想を行う.
祈りが終わったら瞑想により想念を放出する.既にこの段階でスピリット・ドクター(霊医集団)による治療が行われる.
瞑想についての詳細は トランスパーソナル と アントロポゾフィー (5) を参照.

6.3 カウンセリング

非術者と対面しカウンセリングを行い、こころの在り方を確認する.

6.4 想念の放出と言霊

施術を行う前に言霊を発し細胞集団の調和を促すと共に再度スピリット・ドクター(霊医集団)へ想念を放出する.

6.5 スピリット・ドクター(霊医集団)による治療

スピリット・ドクター(霊医集団)は術者の依頼に基づいた治療を開始する.

7 関連記事

8 参考文献

  • 梶原直美, 「スピリチュアル」の意味-聖書テキストの考察による一試論-. 川崎医療福祉学会誌, Vol. 24 No. 1 2014 11-20.
  • 中村雅彦・長瀬雅子,スピリチュアルな癒しに関するトランスパーソナル・パラダイムの 展望-癒し、医療、スピリチュアリティの相互関係 愛媛大学教育学部紀要, 第51巻 第1号 83~93 2004.
    Perspectives of transpersonal paradigm on the spiritual healing: Mutual relationships among healing, medicine, and spirituality. (英語)
  • 石川勇一, 心理療法の根本原則と霊性 ― スピリット・センタード・セラピーと伝承療法
  • 松本道別, (2017). 霊学講座 八幡書店
  • ルドルフ・シュタイナー. (2016). 人智学・心智学・霊智学 筑摩書房.
  • ルドルフ・シュタイナー. (2017). 神秘学概論 筑摩書房.
  • ルドルフ・シュタイナー, (2014). 病気と治療 イザラ書房
  • ルドルフ・シュタイナー, (2017). シュタイナーのアントロポゾフィー医学入門 (社)日本アントロポゾフィー医学の医師会.
  • ルドルフ・シュタイナー, (2016). 秘されたる人体生理. イザラ書房

9 ホームページについて

このホームページは、うつ病の精神治療法を研究するための私自身のためのサイトです。私自身が覚えることが苦手、且つ、忘れっぽい性分なので備忘録として主に以下の内容のものを扱っています。どこにいてもこのホームページを閲覧することができるようにという目的でこのホームページを作りました。
 
 
ホームページの作成には、Emacs 25.1.1 を使い org-mode により HTML を生成しました。Emacs を使った理由として、Mac , Windows , FreeBSD などOSを問わずに編集出来ること、また、日頃の文書作成も Emacs を使っているため慣れ親しんだツールを使うことが何よりも使い易いためでもあります。このホームページは、大学、大学院で学んだ事柄を中心に私自身が日々の研究のために忘れないようにするための私自身の備忘録、或いは雑記帳の様なものですので、記載されている事柄について十分な確認や検証をしたものではありません。
 
 

  • 患者様のための情報提供サイトではありません。
  • 医師、看護師、その他の医療従事者のための情報提供サイトではありません。
  • 研究者、大学教職員、大学院生、学生のための情報提供サイトではありません。

 
 
したがいまして、このサイトは私のためのネットノートなので、読みにくかったり誤りもあるかもしれません。
その際はご指摘いただけると嬉しく思います。
このホームページに掲載している図表、画像、文章に関しての転載、複写は自由ですが、いかなる結果が生じても責任を負えませんことを予めご承知おきください.
 
 
なかなか、まとめが進んでおらずリンクが機能していないページがあったり、書きかけのページがあったりします. 日々、アップデートしております.

[2017-03-06 月] org-mode のバージョンが 8.3.6 から 9.0.5 へバージョンアップしました. 
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
Valid XHTML 1.0 Strict


著者: Satoshi Takemoto Satoshi Takemoto

Created: 2019-08-08 木 10:46

Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)

Validate