顎関節症

骨盤の歪みが関係している場合が殆んどです。噛み合わせもあるでしょうが、特別な事情がない限り、噛み合わせも骨盤が由来しています。骨盤の右側が上がると頬骨は右側に下がり、噛み合わせが悪くなることがあります。これは骨盤とのバランスを保つ為だと考えられます。


顎関節症の施術は胃を上げたあと、骨盤と腰椎及び頚椎を調整し、頬骨と相対関係にある頭骨をヒーリングで調整します。そして最後に顎関節の調整をすると改善します。