# 感情とは何か?

解っているようで解らないのが感情である。今回は感情(情動)について書いてみます。

情動と感情の定義

情動や感情の定義は、学術的には以下のように考えられている。
因みに学術的には「」という表現よりも「情動」として表現されることが多い。

情動とは

―― 以下 引用
情動とは、個体および種族維持のための生得的な要求が脅かされる、あるいは充たされた時の「感情体験」およびそれに伴う行動などの「身体反応」と定義される(堀、1991)。

また、中島義明. (2014). 心理学辞典. 有斐閣. には、以下のように書かれている.

感情(emotion)の動的側面が強調される場合に用いられてきた用語 であり、 急激に生起し、短時間で終結する反応振幅の大きい一過性の感情状態また感情体験をさす.従来、emotion に対応する用語として感情と情動という二つのものが用いられてきたが、これは「感情」という日本語が、感情体験の質的差異を強調する意味で用いられることが多く、また動物を用いた実験では、感情のもつ認知的成分すなわち評価的側面は研究対象とはならず、また不必要なものであったがために「感情」にかわる用語を必要としてきたためと考えられる.(以下略)
―― 引用ここまで

感情とは

また、感情については以下のように考えられている。
中島義明. (2014). 心理学辞典. 有斐閣. には、以下のように書かれている.

―― 以下 引用
感情がどのようなものであるかは誰もが知っているが、その定義を求められると誰もが答えられないといわれる.
これは感情の種類についてもいえることで、何を基本感情と見なすかということすら研究者間で意見が一致していない.また日本語においても外国語に於いても感情にかかわる用語は多用であり、感情をどの範囲に規定するか、また用語をどのように用いるかが、いまだに一致していない.

(中略)

感情の先駆的研究として、 ダーウィン の 『人及び動物の表情について』(Darwin, C. R. 1872) がある.
感情は、進化の長い淘汰の産物であり、ヒトを含む動物は、系統的発生に連続した、感情に固有の身体反応、整理反応をもつと考えられた.

また、 ジェームズは感情の抹消説(ジェームズ = ランゲ説) を、 キャノンは感情の中枢説(キャノン = バード説) を唱え、 S. フロイトはヒステリーを感情の力動的特性から説明した.

ダーウィン、ジェームズの影響を受けたトムキンス(Tomkins, S.)は顔面フィードバック仮説を、またその弟子であったイザード(Izard, C. E.)は心理進化説、エクマンは神経文化説を唱えた.
感情を進化論から考える理論家として、他にプルチック(Plutchik, R.)が有名である.

(中略)

強い感情状態 は、 自律神経の交感神経系を活性化させ、生理的に覚醒された状態を生み出す. 個々の感情と身体の変化との間に明瞭な関係性の存在することは疑問視されているが、主観的には怒り、恐怖、悲しみなどの感情には、それらに固有の身体変化を感じるようである.

感情は、個々の感情に特有の反応を生み出す. 顔面表情がその最も代表的なものであり、他に、声、姿勢、動作などがある.ダーウィン以来、顔面表情は遺伝的にプログラムされた、生物としてヒトに共通するものと考えられてきた.
エクマンらは、怒り、嫌悪、幸せ、悲しみといった個々の感情に対する顔面表情は、異なった文化の人間の間においても相互認識が可能であるとみなしている.

感情は、その感情に特定される一連の行動を生み出すことが多い.
例えば、怒りは攻撃行動を、恐怖は逃避行動を喚起する.このような感情の動機づけ機能は、感情を喚起する刺激の条件付け研究を可能ならしめ、これまでに恐怖、不安といった感情に関する実験的研究を発展させてきた.(以下略).
―― 引用ここまで

情動や感情による身体的変化については、学術的には上記のように説明できるが、身体変化を及ぼす点については曖昧さを残している。特に感情(情動)が及ぼす内的疾患については、ルドルフ・シュタイナーによるアントロポゾフィー医学によるところでしか説明がつかない。今後はアントロポゾフィー医学の概要についても書いていきたいと思います。

*=====================================
訪問・出張専門 施術院 心身統合超越療法 夢心庵
*=====================================
あきらめるのはまだ早いです.
日本全国どこへでもお伺いしています.
あなたのその病気や障害、治らないとあきらめていませんか?
これまでに多くの難病を治癒・寛解へと結びつけた
多くの実績のある夢心庵へお問合せください.
―――
℡ 080-1355-3318
メール mushin@depressive-cbt.com
――
休診日:毎週木曜日
午後休診日:毎週水曜日・毎週日曜日
祝日は、上記曜日以外は営業しています。
――
予約受付時間:午前8時~午後9時まで.
施術時間 :午前9時~午後10時まで.
URL:http://www.depressive-cbt.com/mushinan/index.html
――
あらゆる疾患に対応した心身統合超越療法!!
当院の施術は医療行為及び医業類似行為ではありません.
当院の施術は自然治癒力を引き出し、
自然治癒力を向上するもので宗教とは一切関係ありません.
――
適応症状
このような症状でお悩みの方
頭痛、首の痛み、肩こり、五十肩、手足の痛み・しびれ、強ばり
背中の痛み、腰痛、ギックリ腰、
股関節痛、坐骨神経痛、膝の痛み、寝ちがい、不眠、目眩、
疲労倦怠感、便秘、下痢、食欲不振、
O脚、X脚、膝関節痛、変形性股関節症、歩行困難、半身麻痺、
慢性疾患、慢性疼痛、難病疾患
うつ、双極性障害、統合失調症、不安障害、パニック障害、
パーソナリティ障害、
メニエール、耳鳴り、突発性難聴、偏頭痛、原因不明の痛み、
美脚、美踵、美ウォーキングなど


〒198-0036 東京都青梅市河辺町2-944-2ライオンズガーデン河辺204
休診日:こちらをご覧ください。
予約受付時間:午前8時~午後9時まで.
施術時間 :午前9時~午後10時まで.
URL: http://www.depressive-cbt.com/mushinan/index.html


Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください