いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

私の性格的な部分もあって「書きたいときに書く」ということもあって、

目標は1ヶ月に1〜2回程度の割合で「コラム」を続けていこうかなぁと思います。

 

コラムの目的は、通常の記事よりももう少し踏み込んだ内容のものを辛口も含めて掲載していければいいかなぁ (^_^;)

 

 

初回は、「霊性を高めることと霊的真理」についてです。

何やら難しそうですが・・・。大丈夫かな、書けるかな (^_^;)

 

あっ、最初に言っておきますが、私、特定の宗教や信仰をしていません。キリスト教や仏教、神道などはすべて独学で得たものですので、誤りがあればコメント欄でご指摘頂けると嬉しいです。

 

 

 

人間がこの世に生まれてきた目的は以前「真理を求める旅(1)」でも書きましたが、その目的は、「霊性を高めること」と書きました。そして、その霊性を高めることこそが人間が生まれてきた唯一の理由でもあるのです。

 

天台、親鸞、空海、弘法大師に代表される名僧も霊性を高めるためにいろんな修行を行い、自身の心の中に神(仏)がいること(仏性)を様々な手法により表現しています。

 

私は心身の調律()を行っていますが、調律を行うのに実は道具は不要です。しかし、周囲にいる人達に霊的作法を示す必要があるのです。それは、祝詞や言霊を唱えたりする際に必要なのです。霊界や天上界に音や声を響かせることも必要なことなのです。しかし、必ずしもすべて音や声を出すわけではありません。隠唱法・微唱法というのがあって、声に出してはいけない部分や周りには聞こえないくらいの声で声を出すなどの決まりもあります。勿論、前提は自身の霊性を高めた上での話しであって、周囲に聞こえるくらいの声を出すと効果が現れなくなってしまうものもあります。このように、実は道具ではなく自身の霊性がすべてであるということがだと思うのです。

 

 

さて、密教(東密も台密)でもそうですが、あの法具や作法は実は付録的な意味あいでしかないと思うのです。印を結んだりマントラを唱えたりすることさえも方便の一つではないかと思うのですね。その方便の目的とは、「仏の境地に至る」ということです。今風に言えば「形から入る」ということですが、形から入ることによって「仏の境地」に達することはできません。「仏の境地に至る」とは自身の霊性を高める以外にないのです。したがって、「真言」そのものを「仏の境地」をもって唱えることによってのみ確かな霊験が現れるということではないかと思うのであります。それ故、真言密教や天台密教に限らずですが、仏教に於ける修行の目的は、自身の仏性を識ることが目的なのです。

 

 

霊性を高めることとは、わかりやすく言えば「経験」でしかありません。経験を高める以外に霊性を高めることはできないと思うのです。喜びを識り、苦しみを識り、悲しみを識り、怒りを識り・・・すべては経験です。この経験が三世(過去・現在・未来)に渡る永遠の命の中に刻まれて人は成長していくのです。そして、その成長過程に於いて霊性を識るきっかけ(課題)が与えられ(気付き)、そのときに人ははじめて霊的経験をするのです。

 

 

「真理を求める旅(1)」の中で自分の使命や役割を識ることを書きましたが、使命や役割を見つけることでしか霊性を高めるきっかけ(課題)は得られません。はっきり言えば、使命と役割がなければ霊性を高めることはできないということです。

 

 

このことをもう少し冷静に見つめていくと、「霊性を高める」とは「宇宙と一体になる」ことであって、その「一体感」とは「霊性」によるものでしかないのです。

つまり、「霊性」を高める方法は上述した課題を克服してのみ得られるものであって、道具や特定の修法によって得られるものではないと思うのです。

これは人間だけの問題でなく、全宇宙に広がるすべての自然(生きているもの)に共通していることでもあるのです。この法則に従って自らが課題を克服したときにはじめて霊性が高められるのである。

 

 

霊性を高める手段として、「真理を求める旅(10)」でも書いていますが、「経験」と「」を高めることです。「経験」については上述したとおりですが、「感覚」の詳細については、私の「研究ノート」「【人智学(1)】感覚」 に書いていますので詳細はそちらを見て頂くとして、ここではエッセンスのみを取り上げます。

 

人間が持っている「感覚」は大きく分けると体性感覚・内臓感覚・特殊感覚の3つに分けられます。体性感覚は皮膚感覚で触覚・圧覚・温覚・運動感覚・振動感覚などの感覚です。内臓感覚は、内臓痛覚・臓器感覚です。そして、特殊感覚は、味覚・嗅覚・聴覚・視覚などです。これらの感覚は誰でも感覚できるものです。

 

これらの感覚以上に本来誰もが持っている感覚があるのですが、その感覚を多くの人は忘れてしまっているのです。霊視感覚・霊聴感覚・霊的合一感覚 です。

 

これら3つの感覚を身に付けること、そして課題をクリアーすること。この2つが達成できたときに霊性が高められ、仏教的に言えば、仏性を識ることが出来るのです。

 

 

 

ポチッとして頂けると、励みになります (^_^;)♬ 

 

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村


心理療法ランキング

 

<

p style=”text-align: left;”> 

 

あきらめるのはまだ早いです.
日本全国どこへでもお伺いしています.
あなたのその病気や障害、治らないとあきらめていませんか?

病院から匙を投げられたお客様の最後の砦・・・, 
完治・寛解をあきらめた方の最後の砦・・・. 
それは、夢心庵です.
あなたの心身の健康と調和を守ります.
すべては夢心庵からはじまります.

~夢心庵からのメッセージ~
あなたの幸せを願って、
心身の不調和を取り除く施術院です.
整体ではありません、心身の調律です.
これまで病院に何年も通院していた貴方!!
また、治療をあきらめた貴方!!
本気で心身を改善したいお客様だけを対象にしています.

これまでに多くの難病を治癒・寛解へと結びつけた、

多くの実績のある夢心庵へお問合せください.

 

 

 

 

***************************************************************************************

休診日;毎週 木曜日, 水曜日午後・日曜日午後  
 

予約受付時間:午前8時~午後9時まで. 

 

施術時間 :午前9時~午後10時まで. 

 

080-1355-3318 

 

施術院 夢心庵

 

トランスパーソナル・セラピー 研究

 

***************************************************************************************