いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

目次はこちら。

 

 

今日のテーマは、「呼吸法」についてです。

 

何度かこのブログでも「呼吸法」について少し触れましたので、

 

ここでは、「呼吸法」の概要について簡単にまとめました。

 

 

 

一口に呼吸法と言っても実は呼吸法には、

 

その種類と用途によって呼吸法のやり方が異なります。

 

 

ヒーラーの方にとっては、呼吸法は最も大切であり基本中の基本でもあります。

 

今日は、呼吸法について少し詳しく解説したいと思います。

 

 

ただ、一回ではすべて解説しきれないので、

 

詳しく知りたい方は、その手の本を一読してみるのもよいでしょう。

 

呼吸法を始める前に

私たちが日々生活する中での原動力とはなんでしょうか?

 

それは空気と飲食物であると言えます。

 

特に空気は最も重要な原動力です。

 

だからと言って飲食物が重要ではないというわけではありません。

 

例えば、食事をしなくてもある程度は生きていくことはできますが、

 

空気が無かったら死んでしまいます。

 

 

 

 

呼吸の仕組み

 

生理学的には肺機能内に於けるガス交換作用であり、

 

無数の毛細血管はいつも多量の炭酸ガスを含有しており、

 

吸気によって新鮮な空気が肺胞内に入り、次の呼気によって体外へ吐出されます。

 

酸素は血中に入って全身に分配され、

 

酸化作用によって血液及び全身に温熱を与え物質を変化します。

 

これが呼吸の仕組みです。

 

 

深い呼吸が大事

 

余談ですが、呼吸はどのくらいの量なのかを例を使って表すと、

 

 

① ・・・・・1,600 ㎣
・・・・ 500 ㎣
③ 蓄気・・・・・16,00 ㎣
④ 残気・・・・・ 800 ㎣
⑤ 合計・・・・・4,500 ㎣

 

 

①から③は、3,700 ㎣ となりますが、これが所謂、肺活量と呼ばれるものです。
 

上記の場合、吸息の時の気量は、②+③+④なので2900 ㎣ です。

 

換気の比率は 500/2,900 なので 18% 。
 

最大呼吸時には、 3700/4500 なので 82%。となります。

 

ここで言いたいことは換気の差です。

 

このことからみても呼吸時のガス交換作用に於いて

 

深い呼吸が必要となることが解ります。

 

この事からも新鮮な空気を吸うことは身体にとても重要な意味をもつのです。

 

 

 

呼吸法とは

 

呼吸法にはいろいろありますが、仏教や神道との関わりをもつものが多いです。
 

瞑想にしてもそうですが、呼吸法一つだけを取り出すのではなく、

 

関連付けて行を行わなければその効果は薄くなります。
 

特に呼吸法の場合は「気」が大切な要素になります。

 

 

 

正しい呼吸法を行うには正しい知識を持っていなければなりません。

 

単に体力増強を行うだけの呼吸法もあれば心身を整えたり、

 

病気を治癒するための呼吸法など様々な呼吸法があるので、

 

ここではその呼吸法の概要について記します。

 

 

 

呼吸法の種類

 

呼吸法を大別すると以下の5つの方法に分類されます。
 

今回は、どんな呼吸法があるのかその種類を列挙するに留めます。
 

それぞれの詳細については別途掲載する予定です。
 

今回はこんな呼吸法もあるよという程度の解説だけします。

 

 

 

この呼吸法は邪気を吐き出し正気を吸う最上の呼吸法です。
 

身体の中に蓄積されている邪気を吐き出し、

 

新鮮な空気を取り入れることから健康増進に良いとされています。
 

これを毎朝行うのが基本です。

 

・数息法

 
呼吸を数えて精神統一を図る方法です。

 

鼻から吸って鼻から吐き出します。
 

100単位で1000回繰り返します。
 

100回ごとに指を折り曲げて呼吸数を勘定します。
 

おおよそ700回繰り返すことにより効果が現れるようです。

 

 

これは胎児が母胎内で空気を呼吸することが出来ない、

 

つまり外気に触れていないため、

 

胎児が母体の中で行う呼吸を意味するものであります。

 

即ち、胎児と言えども母胎内で呼吸しているはずであるから、

 

この呼吸法を胎息と名付けたようです。
 

この呼吸法はかなり難易度が高いです。

 

 

 

・強息法

この呼吸法はかなり難易度が高いです。

体力を必要とするスポーツ選手の体力増強を図る呼吸法です。
 

かなりのエネルギーを使います。
 

頭から足先まで全身に力を入れて息を吸います。

 

その後、息を静かに鼻から出すと共に全身の力を緩めていく方法です。

 

 

行気法は、1)~8)までの8種類の方法があります。
 

「気」を使った呼吸法には以下の8種類の呼吸法があります。

1)合掌行気法

両手の掌を合わせて合掌する。

 

その手は鼻先に近づける。

この時、呼吸は掌と指先で行うように集中します。

 

割と簡単な方法でが奥が深いです。

 

合掌行気法は調律やヒーリングを行う者の基本的な呼吸法です。

 

 

2)

「空気を鼻腔から吸い込むと同時に全身八万四千の毛穴から気を吸収して、

 

これを丹田に集注する。
 

次に呼吸と共に全身の各神経に分布させて、

 

臓器や血管、筋肉などを刺激し、活力を増進し生気を旺盛する」

 

これを強く観念するのが丹田行気法です。
 

いろいろな観念文があります。

 

最初は難しく感じますが、

 

慣れてくれば割と簡単に出来ます。

 

3)内観的大行気法

脚、前頭部、後頭部、、肺臓、心臓、胃腸、生殖器、上丹田、

 

中丹田、下丹田と順序を追いながら、

 

観念的呼吸法を行うのが内観的大行気法です。

 

この気法は各器官、各細胞に生気が充実します。

 

4)延髄行気法

 

延髄や脊髄に行気することによって、

 

体力増進を図るための呼吸法。
 

反射中枢として眼瞼閉鎖中枢、嚥下中枢、咀嚼中枢、嘔吐中枢、

 

唾液分泌中枢、涙液中枢であり、これらに不随する神経機能は、

 

舌、唾液腺、咽頭、食道管、胃、腸、膵臓、気管、肺、心臓、諸器官などを

 

司るから後頭部の延髄に行気することは最も有効な方法です。

 

5)

 

身体の知覚や運動を支配するのみならず、

 

中枢機能としては瞳孔散大、脱糞、排尿、勃起、射精、分娩、血管運動、

 

発汗などの作用があります。

 

脊髄に行気することも上述した延髄行気法と同様に有効な呼吸法です。

 

6)中心管行気法

脊髄行気法の応用バージョンとでも言えばよいのでしょうか。

この行気法は右手の親指で右の鼻孔を塞ぎ、

 

左の鼻孔より細く長く吸息する(約8秒)。

 

その間吸気は脊髄の左側脊柱筋内にある交感神経幹節を下って

 

腰椎部の第五脳室に注入すると観念する。

 

次に息は第五脳室に止めること約8秒。

 

その後、呼気は第五脳室より中心管を上昇して延髄に達し、

 

更に第四脳室より導水管を過ぎて第三脳室に注入すると観念します。

 

7)胎息行気法

中心管行気法に似た方法であるが、道家による方法です。

道書にある「導生八選」巻9に出ている唐の李眞人の長生十六字訣で、

 

「十六錠金」と名付けられたものです。
 

口中を綺麗に濯いでから舌で上下の顎を嘗め回して

 

唾液を口中に一杯溜めます。

 

その唾液を飲み込む時に音を立ててのみくだすのです。

 

そうして鼻から静かに気を吸って下腹に満たし、

 

臍下の丹田に暫く止め置きます。

 

これを一吸といいます。

 

8)自己治病行気法

病気の自己療法による呼吸法です。
 

病気に罹った際には最も有効な呼吸法です。

深息を行い掌を患部に置き、患部に向かって行気するのですが、

 

掌より行気するわけではないです。

 

この療法は応用可能でとても幅広く使えます。

 

日々簡単に出来る呼吸法

 

私自身が実践して効果のあった呼吸法は、

 

上記 「1.深息法」と 「5.行気法」の 1)、2)、3)、8)です。

 

実際に毎日行っているのは、 深息法 と 合掌行気法 です。

この二つの行気は呼吸法の中でも基本中の基本です。

 

 

 

最初は上手く出来ているのか不安になりますが、

 

毎日実践していく中で心身に変化が現れます。

 

 

 

今回は呼吸法についての解説を行いました。

呼吸法はとても奥が深く、かつ、心身を守るためにも有効な方法です。

毎日の日課としてチャレンジしてみては如何でしょうか。

 

今回は、「呼吸法」についてのお話しでした。

 

 

<

p style=”text-align: left;”> 

ポチッとして頂けると、励みになります (^_^;)♬ 

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

心理療法ランキング

 

あきらめるのはまだ早いです.
日本全国どこへでもお伺いしています.
あなたのその病気や障害、治らないとあきらめていませんか?

病院から匙を投げられたお客様の最後の砦・・・, 
完治・寛解をあきらめた方の最後の砦・・・. 
それは、夢心庵です.
あなたの心身の健康と調和を守ります.
すべては夢心庵からはじまります.

~夢心庵からのメッセージ~
あなたの幸せを願って、
心身の不調和を取り除く施術院です.
整体ではありません、心身の調律です.
これまで病院に何年も通院していた貴方!!
また、治療をあきらめた貴方!!
本気で心身を改善したいお客様だけを対象にしています.

これまでに多くの難病を治癒・寛解へと結びつけた、

多くの実績のある夢心庵へお問合せください.

 

***************************************************************************************

休診日;毎週 木曜日, 水曜日午後・日曜日午後  
予約受付時間:午前8時~午後9時まで. 
施術時間 :午前9時~午後10時まで. 
080-1355-3318 
施術院 夢心庵
トランスパーソナル・セラピー 研究

***************************************************************************************