真理を求める旅(40)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  ===========初めての方は、この記事を読む前に以下の記事を読まれることをオススメします。 目次はこちら。===========今回のテーマは「解離性同一障害( 旧名称;多重人格障害)」です。 解離性障害は自分が解らない、自分という感覚を失った状態が継続的に現れたり一時的に自分が解らなくなり別の複数の人格が現れたりしますが、今回は解離性同一障害に苦しんでいたお客様Bさんのお話しを少し…

真理を求める旅(30)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  ===========<関連記事> [コラム1]「霊性を高めることと霊的真理」[コラム2]「反復性うつ病性障害を体験して学んだこと」 初めての方は、この記事を読む前に以下の記事を読まれることをオススメします。特に「★」の数が多いものほど今回のテーマと関連性が高いことを示します。 ★★★「仮想現実な世界」★★★「仮想現実な世界(2)」★★   「真理を求める旅(3)」心の…

真理を求める旅(22)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  今日のテーマは「失感情」です。  「失感情」とは、読んで字の如く感情表現ができないことを言います。病名では「失感情症」、一般的には「アレキシサイミア」といいます。   この病気は、自分自身の感情を言葉で表現することができないため、自分の身体でその感情を表現することが特徴です。例えば、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・高血圧・腰痛の他、慢性疼痛などの「心身症」とアレキシサイ…

真理を求める旅(16)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  今日のテーマは、「心の癖(3)」です。 相変わらず訳分からないですね・・・。記事を書くときのテーマは、前もってある程度絞り込んでいるのですが、実際に記事を書くときに私の気分でガラッとテーマが変わることがあるんですね。そういう気分に乗っていると不思議とスラスラ記事が書けるのですが、気分が乗らずに前もって決めたテーマだとダラダラ気分で記事が書けないのです(^_^;) なので、今、今回のテーマが…

真理を求める旅(10)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  今回のテーマは「スピリチュアル」です。  私、臨床心理学という心の学問から 「スピリチュアル」というものを研究しています。 具体的には、さまざまな不思議な霊的現象や 科学では解明できていないことが、 人にどのような影響を及ぼしているのかということを 細々と研究しているのであります。 詳しくは、こちら をご覧ください。 &…

真理を求める旅(8)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m   今日のテーマは「未来」です。  未来をしりたければ、 予言とか予知と言うものがあります。 人間は未来を知ることが できるのでしょうか?   予知夢なんて言うのもあります。 夢で見た事が現実に起きる夢です。  虫の知らせなんて言うのもそうかも。  昔からこう言うのってあり…

真理を求める旅(4)

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m  はじめに 今日のテーマは「心の癖」です。 前回は、バケツの中に埋もれている、 あなたが隠し続けてきた、嫌なモノについて少し話しをしました。 そして、そのバケツは普段は蓋されているけど、条件によって蓋が開いて、 あなたの意識に働きかけて、様々なあなたの嫌な部分が表に出てくるという話しをしました。 あなたの潜在意識の中に眠っている過去の自分の行動結果なん…

真理を求める旅

 今回の記事はちょっと長くなりますが、ご勘弁くださいね。 以前、神療法乃私的思考ノート で4.1. 真理 ということについて少し書きましたが、今回はその続きを書きます。前回の記事をご覧になっていない方のためにその要約を含めて書いていきます。   人間がこの現実界に生まれてきたのは何のためですか?    いきなりの質問ですが、まずはこれについて考えてみましょう。生きていく手段のために人は働き金銭を得…

意識によって変わる現実世界

私たち人間は、眼で見て、耳で聞いて、鼻で匂いや香りを感じ... 続きを読む | Share it now!

Please follow and like us: 関連記事はありません.

私たち人間は、眼で見て、耳で聞いて、鼻で匂いや香りを感じ... 続きを読む | Share it now!

ヒーリングと調律

ヒーリングとは?

ヒーリングとは?

カテゴリー : BLOG , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , もっと読む

☆☆☆ルドルフ・シュタイナー

今日は、度々このブログにも名前が出てくるルドルフ・シュタイナーについて書きます。

 

このブログにも何回かルドルフ・シュタイナーの名前が挙がっていますが、おそらく今後は... 続きを読む | Share it now!

Please follow and like us: 関連記事はありません.

今日は、度々このブログにも名前が出てくるルドルフ・シュタイナーについて書きます。

 

このブログにも何回かルドルフ・シュタイナーの名前が挙がっていますが、おそらく今後は... 続きを読む | Share it now!