心理統計法-R の使い方(03)

目次

1 はじめに

ここでは、以下のデータを使って、男女で身長の平均値に有意差があるかを独立2群の場合の t 検定 により行う。

2 サンプルデータ

以下のデータを使う。
 
23o-0000.jpg

3 インデックス・プロット

それぞれの身長をプロットする。

8o-0000.jpg

4 ヒストグラム

ヒストグラムは以下のようになる。

43o-0000.jpg

5 箱ひげ

男女区別なく表現すると以下のようになる。
 
45o-0000.jpg
 
男女別に表現すると以下のようになる。
 
26o-0000.jpg
 

6 要約統計量

身長、体重、数学テスト、社交性、それぞれの要約統計量は以下のように算出された。

Rcmdr> summary(Dataset)
 

名前 性別 身長 体重 数学テスト  社交性
阿部 :1 女:6 Min. :151.0 Min. :40.00 Min. :51.00 Min. : 5.00
吉村 :1 男:6 1st Qu.:165.0 1st Qu.:49.50 1st Qu.:62.75 1st Qu. : 6.75
佐々木 :1   Median :168.0 Median :60.50 Median :73.00 Median : 8.00
佐藤 :1   Mean :168.5 Mean :59.92 Mean :73.33 Mean : 7.50
山口 :1   3rd Qu.:172.0 3rd Qu.:67.75 3rd Qu.:81.75 3rd Qu. : 8.25
山本 :1   Max. :187.0 Max. :80.00 Max. :98.00 Max. :10.00
(Other):6          

 

7 t 検定

Rcmdr> t.test(身長~性別, alternative='two.sided', conf.level=.95, var.equal=TRUE,
Rcmdr+ data=Dataset)
 
Two Sample t-test
 
data: 身長 by 性別
t = -2.4242, df = 10, p-value = 0.0358
alternative hypothesis: true difference in means is not equal to 0
95 percent confidence interval:
-21.7498659 -0.9168007
sample estimates:
mean in group 女 mean in group 男
162.8333 174.1667
 
19o-0000.jpg 
 
上記の結果から、
 
t=-2.4242, df=10, p-value=0.0358, t(10)=-2.42, p<.05) であるから、
男女の身長の平均値に有意差があるといえる。
 

8 参考文献

山田剛史, 村井潤一郎, & 杉澤武俊. (2015). Rによる心理データ解析: ナカニシヤ出版.

著者: Satoshi Takemoto Satoshi Takemoto

Created: 2017-02-17 金 12:29

Emacs 25.1.1 (Org mode 8.3.6)

Validate