心理統計法-R の使い方(06)

目次

1 はじめに

ここでは、R による分散分析の手始めに 「1要因被験者間計画」の分散分析を行う。

2 サンプルデータ

以下のデータを使う。
以下の表のデータは、山田・村井(2004)1 からの引用である。ハンバーガーの違いが独立変数、味が従属変数である。
 
26o-0001.jpg
 
上記のデータを以下のように「対応なし」の形に変換した表を用意する。
 
26o-0001xx.jpg
 

3 1元配置分散分析

R コマンダーは、[統計量]-[平均]-[1元配置分散分析]を実行する。
 
Rcmdr> AnovaModel.3 <- aov(Taste ~ Bugger, data=Dataset)
 
Rcmdr> summary(AnovaModel.3)

  Df Sum Sq Mean Sq F value Pr(>F)
Bugger 2 32 16.000 13.09 0.00217 **
Residuals 9 11 1.222    


Signif. codes: 0 '*' 0.001 '**' 0.01 '*' 0.05 '.' 0.1 ' ' 1
 

Rcmdr> with(Dataset, numSummary(Taste, groups=Bugger, statistics=c("mean", "sd")))
 

  mean sd data:n
ボスバーガー 7.5 1.2909944 4
マックナルド 3.5 0.5773503 4
ラッテリア 5.5 1.2909944 4

 
Rcmdr> local({
Rcmdr+ .Pairs <- glht(AnovaModel.3, linfct = mcp(Bugger = "Tukey"))
Rcmdr+ print(summary(.Pairs)) # pairwise tests
Rcmdr+ print(confint(.Pairs)) # confidence intervals
Rcmdr+ print(cld(.Pairs)) # compact letter display
Rcmdr+ old.oma <- par(oma=c(0,5,0,0))
Rcmdr+ plot(confint(.Pairs))
Rcmdr+ par(old.oma)
Rcmdr+ })
 
Simultaneous Tests for General Linear Hypotheses
 
Multiple Comparisons of Means: Tukey Contrasts
 
 
Fit: aov(formula = Taste ~ Bugger, data = Dataset)
 
Linear Hypotheses:

  Estimate Std. Error t value Pr(>t)    
マックナルド - ボスバーガー == 0 -4.0000 0.7817 -5.117 0.00159 **
ラッテリア - ボスバーガー == 0 -2.0000 0.7817 -2.558 0.07207 .
ラッテリア - マックナルド == 0 2.0000 0.7817 2.558 0.07204 .

 

Signif. codes: 0 '*' 0.001 '**' 0.01 '*' 0.05 '.' 0.1 ' ' 1
(Adjusted p values reported – single-step method)
 
 
Simultaneous Confidence Intervals
 
Multiple Comparisons of Means: Tukey Contrasts
 
 
Fit: aov(formula = Taste ~ Bugger, data = Dataset)
 
Quantile = 2.7957
95% family-wise confidence level
 
 
Linear Hypotheses:

  Estimate lwr upr
マックナルド - ボスバーガー == 0 -4.0000 -6.1855 -1.8145
ラッテリア - ボスバーガー == 0 -2.0000 -4.1855 0.1855
ラッテリア - マックナルド == 0 2.0000 -0.1855 4.1855

 
ボスバーガー マックナルド ラッテリア
"b" "a" "ab"
 

13o-0000.jpg
 
以上の結果により、3群の平均値の高い順に、以下の順位となる。
 

  • ボスバーガー
  • ラッテリア
  • マックナルド

 
マックナルド-ボスバーガーのペアの p 値が 0.00159 なので、このペアのみ有意であると言える。

4 参考文献

山田剛史, 村井潤一郎, & 杉澤武俊. (2015). Rによる心理データ解析: ナカニシヤ出版.

脚注:

1
参考文献:山田剛史, and 村井潤一郎. "よくわかる心理統計." 京都: ミネルヴァ書房 55 (2004).

著者: Satoshi Takemoto Satoshi Takemoto

Created: 2017-02-19 日 23:34

Emacs 25.1.1 (Org mode 8.3.6)

Validate