心理統計法-R の使い方(07)

目次

1 はじめに

ここでは、「1要因被験者内計画」の分散分析を行う。

2 サンプルデータ

以下のデータを使う。
ここで利用するデータは、山田・村井(2004)1 からの引用である。水の違いが独立変数、味が従属変数である。
 
11o-0000.jpg
 
上記のデータを以下のように「対応あり」の形に変換した表を用意する。
 
12o-0002.jpg
 

3 結果

> summary(aov(Taste ~Water + Subject, data=Dataset))

  Df Sum Sq Mean Sq F value Pr(>F)
Water 2 32 16 16 0.00394 **
Subject 3 39 13 13 0.00492 **
Residuals 6 6 1    

 

 
Signif. codes: 0 '*' 0.001 '**' 0.01 '*' 0.05 '.' 0.1 ' ' 1
 
次に多重比較(Tukeyの HSD 法)を行う。
 
> TukeyHSD(aov(Taste ~Water + Subject, data=Dataset))
Tukey multiple comparisons of means
95% family-wise confidence level
 
Fit: aov(formula = Taste ~ Water + Subject, data = Dataset)
 
$Water

  diff lwr upr p adj
ビビッテル-イカアン -2 -4.169598 0.1695977 0.0673680
ボスビック-イカアン -4 -6.169598 -1.8304023 0.0031658
ボスビック-ビビッテル -2 -4.169598 0.1695977 0.0673680

 
$Subject

  diff lwr upr p adj
Sub2-Sub1 -2 -4.8264755 0.8264755 0.1670167
Sub3-Sub1 -5 -7.8264755 -2.1735245 0.0035191
Sub4-Sub1 -3 -5.8264755 -0.1735245 0.0392225
Sub3-Sub2 -3 -5.8264755 -0.1735245 0.0392225
Sub4-Sub2 -1 -3.8264755 1.8264755 0.6353224
Sub4-Sub3 2 -0.8264755 4.8264755 0.1670167

 
水の味の平均値を 箱ひげ で示す。

4o-0000.jpg

「ボスビック-イカアン」のペアの p値 が 0.0031658 なので、このペアの有意であると言える。
Subjectは被験者間の平均値を多重比較した結果を示す。

4 参考文献

山田剛史, 村井潤一郎, & 杉澤武俊. (2015). Rによる心理データ解析: ナカニシヤ出版.

脚注:

1
参考文献:山田剛史, and 村井潤一郎. "よくわかる心理統計." 京都: ミネルヴァ書房 55 (2004).

著者: Satoshi Takemoto Satoshi Takemoto

Created: 2017-02-20 月 12:17

Emacs 25.1.1 (Org mode 8.3.6)

Validate